header イラスト
HOME > 出題範囲

出題範囲

mark

4級−西洋美術・日本美術の名作を知る

西洋美術・日本美術史の中から、代表的な作品や作家などについて問われる。
※主な出題範囲:中学レベルの歴史教科書に掲載の文化財および「この絵誰の絵?」

■出題形式: マークシート問題

mark

3級−西洋美術・日本美術の基礎的な歴史的な流れを理解する

西洋美術・日本美術史に登場する作品や作家だけでなく、美術の動向や形式、時代背景など、歴史的な流れについても問われる。
※主な出題範囲:「この絵誰の絵?」「改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定公式テキスト」

■出題形式: マークシート問題

mark

2級−幅広い美術に関する知識の知識や、美術鑑賞の場の社会的役割や歴史などを理解する

西洋美術・日本美術史の基本的な知識や情報を始め、建築工芸や技法、写真映像、現代美術、美術館など幅広い美術の知識がマークシート問題で問われる。また、社会と美術史、作品との関連を踏まえて、美術鑑賞の場の役割や機能、現状に関する知識が穴埋め問題で問われる。
※主な出題範囲:「この絵誰の絵?」「改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定公式テキスト」「続 西洋・日本美術史の基本 美術検定公式テキスト」「改訂版 美術館を知るキーワード」

■出題形式: マークシート問題+穴埋め問題

mark

1級−美術や美術鑑賞の現場に関する知識、情報を基に自分で解釈・思考し、明確に伝達できる

美術鑑賞の場の役割や機能、現状に関する知識をはじめ、鑑賞をする視点からの作品描写や、より楽しい鑑賞のためのアイデアなど、実践的な現場で求められる能力が記述式問題で問われる。
※主な出題範囲:「改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定公式テキスト」「続 西洋・日本美術史の基本 美術検定公式テキスト」「改訂版 美術館を知るキーワード」ほか

■出題形式: 記述式問題  ※2013年より、穴埋め問題がなくなり記述式問題のみとなります。

【2〜4級マークシート問題:知識・情報の活用問題について】

これまでの美術の知識を蓄積、記憶する問題の他に、作品や資料といった美術に関する情報から総合的に判断、思考する能力を問うマークシート問題が加わります(新傾向問題の出題数は全体の約1〜2割です)。模擬問題ページの「知識・情報の活用問題」でご確認下さい。

◆すべての級の出題範囲の典拠となる書籍は
「カラー版西洋美術史」「カラー版日本美術史」です

<合格の目安>

合格の目安は、正答率約60〜70%です(受験者全体の解答率によって左右します。また2級はマークシート、穴埋め問題それぞれが約60〜70%の正答で合格となります)。1級は一定の基準に達すれば合格です。

<参考・これまでの美術検定試験合格率>

 2014年度実績