header

イラスト
HOME > 合格者の声 > 学校で活かす! > 学校で活かす!(1)

合格者の声

今回は高校の団体受験校の先生にお話を伺っています。
この高校では希望制で生徒が4級受験をしました。

話し手=秋田公立美術工芸短期大学付属高等学院 教諭 岸上先生

--貴校ではどうして「美術検定」の団体受験をなさったのですか?

岸上
本校は文部科学省の分類でいうと美術専門の専修学校です。そのため、デザインや美術工芸に関わる制作系の授業は多くあるのですが、美術史を学ぶ授業がありません。美術史学習を通して美術や作家に触れること、歴史のなかにあるさまざまな表現や思想に触れることは、生徒たちの制作にも反映します。受験は生徒たちの基礎作りの一環ととらえ、団体受験を導入しました。

--検定の対策や特別な授業などは行われましたか?

岸上
受験は希望制にしていること、もともと制作実技の授業だけで時間割は満杯、という理由から特に対策授業は行っていません。しかし、作品をたくさんみてほしいと考えていますので、授業に関連のある出題範囲の作品を紹介することはほかの教員も意識しています。ただ、団体受験の1年目は受験希望者を集めて対策講座を開きました。そこでは過去の出題問題の解説―印象に残りやすく覚えやすいように作家や作品のエピソードをまぜたもの―を中心にしました。あとは専門書籍が大学図書館に揃っていますので、画集をみるよう勧めました。

--受験や受験のための学習によって、生徒たちに変化はありましたか? または、受験させてよかったと思われた点を教えてください。

岸上
一番わかりやすかったのは、主体性のある子の発言によって、ほかの生徒たちの興味の幅が広くなり、自らステップアップしようとする意識が高まってきたことです。生徒たちの場合、教師が歴史や蘊蓄を話すより、友だちが同じことを言った方がスッと入れるのです。ある生徒がこんな作品があるんだよ、とか、この作品にこんなことが描かれている、といった話をすれば、自然に生徒同士で学びが広がっていくのがわかりました。今後、「美術検定」の社会的認知度が上がってくれると、合格した生徒たちの自信や評価につながっていくと考えています。

--本日はありがとうございました。

聞き手・文=染谷ヒロコ 「美術検定」ブログ編集